生活介護「ぱるぴと」

”ぱるぴと”とは

イタリア語で「ワクワク」「ドキドキ」という意味です。
ぱるぴとに通う方・関わる方・働く方が自分の人生や目標にワクワク・ドキドキできるよう、地域の木になれるよう活動していきます。

「ぱるぴと」は、主に精神障害の方を対象にした生活介護事業所です。
無理にやりたくない作業をやらされたり、通っている人たちの輪に溶け込まないといけないという「強制」も「ルール」もありません。

喫茶店にお茶を飲みに来るぐらいの感覚でいい。
図書館にふら~と本を読みに行くぐらいの感覚でいい。

自分の気持ちが落ち着くことを、自分のタイミングで、自分のペースでやっていける場所です。

まずは、あなたが、自宅から、病院から一歩踏み出すための場所として、「ぱるぴと」はあります。

「ぱるぴと」の支援内容

  • 送迎サービス

    送迎ドライバーにより自宅等から施設までの送り迎えを行ないます。

  • 軽作業の提供

    仕事がしたいと希望される方には、チラシの折り込みやポスティングなど軽作業の機会を提供します。

  • 外出支援

    施設の外に出ることで得られる新たな体験、充実感や喜びにつながるような行事を企画します。

  • 買い物支援

    近くのスーパーやコンビニに小額の買物に行く機会を提供します。 施設の外に出る機会を増やし、地域の中に馴染んでいけるよう支援しています。

エコボール

毎日の練習で使っている間に糸が破れてしまった硬式野球のボールを
一球100円で修繕するお仕事で、「ぱるぴと」では2020年より取り組み始めました。

高校の硬式野球部やリトルシニアリーグの選手の皆さんが使われている練習球を、
ぱるぴとの利用者さんが一針一針直して、もう一度使えるように再生していきます。

修繕費は、他の仕事と同様にぱるぴと利用者さんの工賃に還元しています。

「ものを大切にする心からひととのつながりを生み出していく」。
針と糸と思いで一球を仕上げています。

  • 修繕前のボール

    修繕前

  • 修繕後のボール

    修繕後

「ぱるぴと」は、エコボール事業に取り組んでいる福祉施設としては、
現在千葉県内で唯一の施設です。

この取り組みに賛同し、ボールを直してほしい高校・大学・団体様を募集しています!

こちらからお気軽にお問い合わせください。

エコボール活動のオフィシャル・サポーター

事業所詳細

事業所番号:1212802340

生活介護事業所ぱるぴと

〒274-0063
千葉県船橋市習志野台4-7-13
新京成線「習志野駅」徒歩5分

営業日:月・火・水・木・金

営業時間:9時30分~16時

休業日:土・日、12月28日~1月3日

送迎:あり(船橋市・習志野市・八千代市)

費用:500円(昼食・おやつ代)

障害支援区分:3~6
※年齢が50歳以上の場合は、障害支援区分が区分2以上である方

アクセスマップ

お問い合わせ

利用についてのお問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。お気軽にご連絡ください。

(お電話での受付時間:10:00-19:00)